雑誌掲載情報

フッ素がむし歯を予防できるのは

歯の表面では、歯の成分であるミネラルが溶け出す脱灰とミネラルが歯の中に戻って結晶化する再石灰化が繰り返されています。
この脱灰→再石灰化のバランスがくずれてミネラルが溶け出す脱灰の方が大きくなるとむし歯ができます。

つまりむし歯になりやすいかどうかは

          口の中の細菌の種類や量

          唾液の性質や量

          飲食の頻度や種類

          フッ素の利用の仕方やブラッシング

                                                       などがかかわっています。

フッ素がミネラルが溶け出す脱灰をおさえ、ミネラルが歯の中に戻る再石灰化を助けて、むし歯の発生や進行を防ぎます。 

また歯質の強化、口の中の細菌の発育をおさえる効果も期待できます。

◇上記の画像をクリックすると拡大されたPDFファイルが表示されます

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

pagetop