スタッフアルバム

災害時のお口のケアとは?

災害時は、お口のケアがおろそかになりがちですが、食生活が偏ったり、ストレスなどで体の免疫力が低下します。

特に免疫力の低いお年寄りなどは、「誤嚥性肺炎」になる危険性があります。災害時もお口や入れ歯を清潔にしておく事が大切ですが、災害時は水が不足している事が多いので、水が不足している場合のケアをお話ししたいと思います。

  • 歯ブラシがない場合

食後に少量(30ml以上)の水またはお茶でうがいをして下さい。

ハンカチなどで歯を拭ってもOKです。

洗口液などある場合はお使い下さい。

  • 歯ブラシがある場合

少量の水をコップに準備し、歯ブラシをぬらしてから、ハミガキをします。

歯ブラシが徐々に汚れてくるので、ティッシュまたはウェットティッシュで拭き取りながら磨きます。

最後に少量の水で2〜3回ゆすぎましょう。

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

pagetop