雑誌掲載情報

特別な歯ブラシやブラッシング方法は必要?

結論から申し上げますと、適切にプラークが除去できれば、特別な歯ブラシやブラッシング方法は必要ありません。

歯周病の原因はプラーク(細菌)で、歯周治療はそのプラークをして歯周病を治癒させる治療です。歯科衛生士さんによって届かない、見えにくいプラークの除去は歯科医院で行われますが、1番大切なのは患者さん自身が日常的にブラッシングで除去していただくことです。

いろいろな歯ブラシが開発、市販されていて、どれも理にかなった説明がなされています。使えば治る、使えばうまく磨けていると感じてしまいがちですが、結局は意識して継続して磨きやすい歯ブラシで磨いていただきプラークが除去できていれば、特別なもの、特別なことをしなくても良いのです。

ただ、なかなか数ある歯ブラシの中から選ぶのは難しいかと思います。

こがめ歯科では患者さんの歯並びなどお口の中の特徴をみて、歯ブラシを勧めさせていただいております。中には補助的に歯間ブラシやフロスを使っていただいている方もいらっしゃるかと思います。

  
ご自身が少しでも興味を持ち、使ってみよう、磨いてみようと思っていただけるものを日々使っていただくことが大切ですし、そうしていただけましたら幸いです。

◇上記の画像をクリックすると拡大されたPDFファイルが表示されます

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

pagetop