お知らせ

    2019年度のニュース

  • ドクター勉強会・・・

    2週間に1度、ドクター全員で夜、勉強会をしています・・・

  • フッ素について

    歯の表面では歯の成分であるミネラルが溶け出す脱灰と、ミネラルが歯の中に戻って

    結晶化する再石灰化が繰り返されています。

    この脱灰→再石灰化のバランスが崩れて、ミネラルが溶け出す脱灰のほうが大きくなると

    むし歯ができます。

    むし歯になりやすいかどうかは

    ①口の中の細菌の種類や量

    ②唾液の性質や量

    ③飲食の頻度や種類

    ④フッ素の利用の仕方やブラッシング

    などがかかわっています

    ★フッ素がミネラルを溶け出す脱灰を抑え、ミネラルが歯の中に戻る再石灰化を助けて

    むし歯の発生や進行を防ぎます!

  • とうとう今日から・・・

    とうとう今日から消費税増税になりましたね・・・
    保険治療費もそれに伴い、負担金が今日から少しアップしています。
    ご了承ください。

  • メンテナンスが必要な理由

    メンテナンスが必要な理由が3つあります。

    ①歯周病

    成人が歯を失う原因の約半数は『歯周病』です。

    ほとんどが20〜40代にかかり少しずつ歯を失っていきます。

    放っておくと進行してしまうので進行を食い止めるためにメンテナンスが必要になります。

    ②虫歯

    虫歯は早期に発見出来れば、歯を削らずに済む場合があります。

    しかしこの段階では痛みがありません。

    痛むほど進行してしまうと「神経」を取らなければならないこともあります。

    「神経」は栄養分も運んでいるため神経を取ると寿命は短くなってしまいます。

    そこで、メンテナンスで虫歯の早期発見が必要になります。

    ③歯磨き

    虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊(プラーク)毎日の歯磨きでしっかり落としことがまず大切!

    しかしそれでも数ヶ月もするとほとんどの方のお口に強固な『歯石』『バイオフィルム細菌の膜』が出来てしまいます、、、、、。

    そこで専門的な機械を使って時間をかけてお掃除を行う『定期メンテナンス』でこれらを取り除いていきます。

    ご自身の歯をできる限り残していき、健康な毎日を過ごしましょう。

  • 北区健康講座・・・

    11月9日(土)に ありまホールで 北区健康講座が開催されます。
    神戸中央市民の竹信先生が「口腔ガン」について講演されます。
    僕が司会をします。もちろん無料なので是非ご参加くださいね・・・

  • 神戸市北区健康講座

    11月9日(土)に北神区民センターで第9回 神戸市北区健康講座が開かれます。

    司会を務めるのは当院の院長です。

    「口の中もがんになる」

    口腔癌についての講座です。

    9月に入ってからは暑さが和らぎ、肌寒い秋、そして寒い冬の季節を迎えようとしています。

    以前、春になると癌が多く見つかる、と耳にしたことがあります。

    理由のひとつとして考えられるのが、寒くなると多くの人が病院に行くのを怠ってしまうからだそうです。

    早期発見早期治療の為にも定期的な検診を是非心掛けて下さいね。

 
1 / 12512345...102030...最後 »

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

pagetop