スタッフアルバム

清掃補助器具の必要性

虫歯や歯周病を予防するためには、細菌の塊である歯垢(プラーク)を歯の表面からきれいに取り除くことが必要です。これをプラークコントロールと言います。そのためには丁寧な歯磨きが重要ですが、歯ブラシだけでは歯の表面はきれいに磨けても、歯と歯の間のプラークは60%程度しか除去できないと言われています。虫歯の最も起こりやすいのが歯と歯の間です。
そのため、歯ブラシと同じくらい大事な道具とも言える「デンタルフロス」や「歯間ブラシ」などの補助清掃器具を併用することが必要になります。

フッ素入り歯磨き粉の使い方

一回の使用量は大人で約1センチ

子どもは半分で約0.5センチです

歯磨き中の吐き出しは少なめに

歯磨き後のすすぎ方は、口の中にむし歯予防に有効なフッ素の量を残すため

強いうがいは避けて、軽く1〜2回程度行ってください

水の量はコップの3分の1程度です

フッ素入り歯磨き粉を使っても正しいブラッシングは必要です

正しいブラッシングを身につけ、歯を大切守りましょう 

 

噛み合わせの重要性

「歯並び」と「噛み合わせは」とは全く違います(歯並びとは歯列のことを言います)噛み合わせとは上下の歯を噛んだときに、上顎の歯列と下顎の歯列が合わさる状態のことを指します。
上下の歯がしっかり噛み合い、顎を前後左右スムースに動かかせることが良い噛み合わせの基本です。
実際、歯並びが綺麗でも噛み合わせが悪い方は沢山います。
≪噛み合わせのバランスのとれた入れ歯にはこんなメリットがあります。≫
⚫️左右均等で噛めるようになり、顔のバランスが良くなり美しく見える。

⚫️頭痛や肩こり・腰痛の痛みが減る(噛み合わせによる負担がなくなる)

⚫️顎が楽になる
⚫️噛み癖が改善され、よく噛めるようになる

⚫️姿勢がよくなる(噛み合わせが再生されることで、全身のバランスが良くなる為)

お疲れ様でした・・・

衛生士の中谷さんが本日で一旦終了となりました。ウチには10年勤務してくれていて、また産休後復帰の予定です。体調に気をつけて出産にのぞんで下さいね・・・

パタカラ体操

パタカラ体操はお口の体操です。

食べ物を口に入れてから運ぶまでの動作を鍛えるための発音による運動です。

パ→破裂音のパは唇をしっかりと締めて発音します

タ→舌を上あごにしっかりとつけることで発音します

カ→のどの奥に力を入れてのどを閉めて発音します

ラ→舌を丸め舌先を上の前歯の裏につけて発音します

パタカラと発音することで、食べるために必要な筋肉を

トレーニングします!

      

口内炎

お口の粘膜にできる病気として、口内炎に悩まされたことがある人は多いと思います。ヒリヒリとした痛みがありますが、軟膏を塗ると一週間前後で治ることが多いです。健診ではむし歯や歯周病だけでなく、お口の粘膜の状態もチェックしています。不安なことや気になることがあれば、いつでもご相談ください。

1 / 12212345...102030...最後 »

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

pagetop