入れ歯の治療について

治療の様子

あなたの専門は何ですか? もし、そう聞かれたら、

即答で、「入れ歯です」 僕はそう答えます。

当院では「入れ歯の治療」に特に力を入れています。

今でも入れ歯治療の患者さんが、毎日たくさん来られています。

入れ歯は決してそんないいものではありません。

入れ歯はリハビリなんです。

もし、足がなくなって、新しい義足を入れてすぐに走れるでしょうか?

それは多分むずかしいでしょう。

でも、練習すれば歩ける様に、頑張れば走れる様になるかもしれません。

入れ歯もそれと同じだと僕は思っています。

もし部分入れ歯を作ってそれを日々、使う事ができたら

今残っている自分の歯をこれからも守る事ができるかもしれません

気持ち悪いし、他の歯で食べれるからいいや・・・

そう思って毎日生活していると、残りの歯への負担が積り積って大きくなり「噛み合わせ」が崩壊していき、いつかすべての歯が無くなり総入れ歯になってしまいます。

僕らは毎日噛んで使っているんです。形ある物はいつか崩れる・・・

それは自然の摂理かもしれません・・・

総入れ歯になったら、噛めないと食事ができません。それは死活問題です。

だから、僕らは一医療人である限り最大限の努力をして何とか噛める様に 持っていきます。

それが僕らの使命です

インプラント治療は確かに入れ歯よりも優れています。

でも、高額な治療費がかかるのも事実です。

各家庭の諸事情もあり、すべての人がインプラント治療が可能なわけではありません。

入れ歯治療なら、もちろん保険内で可能です

入れ歯の良し悪しは、そのドクターの経験値によるものが大きい と言われています。

つまり、今までどれだけの入れ歯の患者さんの数を診てきたか、という事です。

僕は今までかなりたくさんの入れ歯治療を行い、ほとんどの入れ歯のセミナーは受講してきたと言っても過言ではありません。その都度悩みながら試行錯誤を繰り返し日々診療を行ってきました。先へ進めば進むほど、入れ歯治療の奥の深さに気づきました。しかしその中で最近やっと自分なりの入れ歯に対する答えが出た様な気がしています。

だから、今入れ歯でお困りの方に何かお手伝いができると思っています。

是非1度ご相談ください。

保険の入れ歯も、保険外の入れ歯も
どちらでも満足のいく結果が出せる様、最善の努力を尽くします

入れ歯にお困りの方へ

院長をもっと知る
こがめ歯科のホームページはスマートフォンに対応しています

pagetop