診療のモットー(なるべく抜かない、削らない)

院長

基本的には

僕らはなるべく削ったり、抜いたりしたくないので・・・

といつも患者さんにお話しさせてもらっています。

もしその歯が自分の歯だったら・・・

もちろん、そうですよね。

ただし、状況によっては、そうせざるを得ない場合も、もちろんあります。

しかし、

根底にある考えは「なるべく保存的に」 をモットーにして日々の診療にのぞんでいます。

どんどん歯を削っていくと、いつかは抜くというところへ1歩近づいていきます。

毎日、休むことなくすごい力で僕たちは噛んで生活しています。

それに加えて歯槽のうろう、というお口の中の老化がやがてやってきます。

つまり、形あるものはいつか崩れる、ですよね。

だいたい、60歳や70歳になると歯がなくなって入れ歯になっている人がほとんどです。

中にはけっこうたくさん歯が残っている方もいらっしゃいます。

この2人を比べると、元気さが全然違うんです。

いくら精密な入れ歯を作っても入れ歯はリハビリなんです。

やっぱり、自分の歯ではありません・・・

その時になって初めて歯の大切さに気づいて・・・

そんな患者さんが、毎日たくさん来られています。

だから、僕らは予防に力を入れています・・・

院長紹介はこちら

院長をもっと知る
こがめ歯科のホームページはスマートフォンに対応しています

pagetop