お子様の治療について

入れ歯にお困りの方へ定期健診(メインテナンス)

お子様からすすんで治療を受けられるようにするには、
ひとえにおうちの方の理解と協力が必要です

当院ではなるべく、おさえつけの治療はしないようにしていますが、どうしても泣いてしまってできない場合は、お母様にも手伝って頂いて治療をおこなうようにしています。

それは、痛がったから治療をやめてもそのむし歯は治らないからです。

一人で治療ができるようなら、おうちの方は待合室でお待ちください。

また治療のあと、お利口にできたときは必ずほめてあげてください。

このお母様のおほめの一言が、次からの治療の大きな一歩になります。

また、治療が終了した後一番大事なことは予防です。

ブラッシング
回数をできるだけ増やしておこないましょう。夕食の後、寝てしまうことがあるので、早めに仕上げ磨きをして濡らしたタオルで拭いてあげてください。
フッ素
できれば三ヶ月に一度は高濃度のフッ素を塗布してあげることをおすすめいたします。

入れ歯にお困りの方へ定期健診(メインテナンス)

院長をもっと知る
こがめ歯科のホームページはスマートフォンに対応しています

pagetop