歯周病治療について

ホワイトニング訪問診療

当院では、有資格者の歯科衛生士が30分のお時間を頂いて、徹底的に専門的な歯のお掃除をしています。

(もちろん保険治療内でできます)

いくら自分で頑張ってもできない部分まで、キレイにし気持ちよくします。

(もちろん痛くありませんよ)

ただ、一度お掃除しても平均3ヶ月後には、またリセットされてしまうと言われています。

歯周病(歯槽膿漏)のバイ菌は、酸素がない環境(歯石でフタをしている)で動く種類のバイ菌(嫌気性菌)です。3ヶ月に一度、そのフタ(歯石)を外して、御自身でハミガキするとバイ菌に空気(酸素)が触れてバイ菌の動きが止まり、しばらくおとなしくなります。

3ヵ月に一度きちんとお掃除していると、そのバイ菌がおとなしくしているトータルの時間が長く取れます。これを続けていくことで、<確実に予防効果が高くなります>

これが当院のオススメする歯周病治療です。

できれば3ヵ月に一度は、歯のお掃除をしましょう。

ペリオセーバーについて

当院では、”より効果の高い治療”を皆様に提供すべく、ペリオセーバーという最新型のコンピューターを導入いたしました。

こちらを簡単にご説明いたしますと “患者さんのお口の中にいる細菌を高精度の顕微鏡で実際にお見せして治療する”というものです。

  • 位相差顕微鏡

    治療時に”位相差顕微鏡”という特殊な顕微鏡でお口の中の細菌を肉眼で確認できます。

  • コンピューター画面

    その細菌が動いている様子を動画でコンピューターに記録して、歯周病治療等に役立てます。

撮影した口腔写真

細菌の写真だけではなく、患者さんの”口腔内写真”の撮影も可能ですので、歯グキや歯の状態なども確認・記録いたします。

「細菌がたくさんいるので、お口をきれいにしましょうね」と口頭で説明しても、ピンときませんよね! この細菌が、”活発に動いている”のをおとなしくさせる様に、予防の処置をおこなっていきます。

ペリオセーバーでしたら、患者さんに”実際の細菌の様子”をその都度ご確認いただき、記録もしていきますので、治療の効果がはっきりと分かり安心して治療していただけることと思います。

歯周病でお悩みの方も、安心してご来院ください!

位相差顕微鏡

↑当院の歯周病治療で使用している位相差顕微鏡です

当院では歯周病(歯槽膿漏)の予防に力を入れています!

下記のポイント1とポイント2を併用することで、歯周病の予防に高い効果が期待できます。

ポイント1

1.プラークコントロールの徹底
自分できちんと歯みがきをする
2.バイオフィルムを破壊
自分ではできませんので、当院にて歯ぐきの中を”Pmax”できれいにします

ポイント2

お口の中には300種類ほどのバイ菌が何百億もいます。治療前に、このバイ菌が”動いている様子”をコンピューターに記録します。その結果、”バイ菌が暴れている場合”にお薬を飲んでバイ菌をおとなしくさせます。おとなしくなったバイ菌の様子も、もちろん記録に残していきます。

ホワイトニング訪問診療

院長をもっと知る
こがめ歯科のホームページはスマートフォンに対応しています

pagetop