2020年6月のニュース

  • 道具紹介

    今週は当院で実際に使用している道具を紹介します。

     

    当院では歯の根っこの治療の際に、ラバーダムという写真のような緑色のシートをお口の上に被せて治療をすることがあります。これは治療する歯の根っこの中に唾液などのバイ菌を入れないようにするためです。お口の中には数多くの細菌が存在しています。特に奥歯の治療をする際は、喉に溜まった唾液が根っこの中に入りやすくなります。そういったことを防ぐために、治療する歯の大きさや形にあった、クランプと呼ばれる金属の留め具に穴を開け、そこにラバーダムをはめ、治療する歯に被せます。そしてフレームと呼ばれる写真のような金属の枠にシートの端を引っ掛けます。こうすることで、治療する歯はシートの外にだし、それ以外の歯はシートの下に隠すことができ、結果唾液が入りにくい状態を作ることができます。

    当院ではできるだけこのような道具を使用し、患者様のお口の中の環境にも気を配りながら日々治療に励んでおります。

     

     

  • 駐車場の水まき・・・

    急に暑くなりましたね。駐車場の水まきを始めます・・・

  • 唾液腺マッサージについて

    唾液には、健康に関わるさまざまな働きがあります。

    例えば、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働き。

    それから、口の中の汚れを洗い流す、酸を中和して、口の中を中性に保つ、細菌の繁殖を抑える、再石灰化によって、むし歯を防ぐといった、口の中を清潔で健康に保つ働きがあります。

    唾液腺マッサージで唾液を増やしましょう!

  • 暑いので・・・

    毎年恒例の、洋風すだれと外に設置しました。今年も暑くなりそうですね・・・

  • 舌ブラシの効果

    舌ブラシには以下の効果があります

    ①口臭を抑える…

    口臭の成分のほとんどが舌にたまる食べかすのタンパク質が口の中の細菌で分解されて発生する揮発性硫化物です。そのため舌ブラシによる清掃で口臭を大きく抑えることができます。

    ②免疫力の維持…

    口腔内には数百種類の細菌が生息しています。舌に残った食べかすを餌とする虫歯菌、歯槽膿漏菌、カンジダ菌肺炎菌緑膿菌などがいるため呼吸器疾患、心臓疾患、脳疾患感染症、アレルギー疾患など全身に関係するトラブルを引き起こす可能性が高まります。免疫力維持のためにも舌を清潔に保つのは大切だと言えます。

    これらの事から舌ブラシを使っていただくことを推進しています。

     

     

  • 網戸を新しくしました・・・

    換気のための網戸を新しくしました・・・

 

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

pagetop