お知らせ

  • 道具紹介

    今週は当院で実際に使用している道具を紹介します。

     

    当院では歯の根っこの治療の際に、ラバーダムという写真のような緑色のシートをお口の上に被せて治療をすることがあります。これは治療する歯の根っこの中に唾液などのバイ菌を入れないようにするためです。お口の中には数多くの細菌が存在しています。特に奥歯の治療をする際は、喉に溜まった唾液が根っこの中に入りやすくなります。そういったことを防ぐために、治療する歯の大きさや形にあった、クランプと呼ばれる金属の留め具に穴を開け、そこにラバーダムをはめ、治療する歯に被せます。そしてフレームと呼ばれる写真のような金属の枠にシートの端を引っ掛けます。こうすることで、治療する歯はシートの外にだし、それ以外の歯はシートの下に隠すことができ、結果唾液が入りにくい状態を作ることができます。

    当院ではできるだけこのような道具を使用し、患者様のお口の中の環境にも気を配りながら日々治療に励んでおります。

     

     

 

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

pagetop