お知らせ

  • むし歯の種類

    単にむし歯と言われても治療の方法は色々あります。

    今日はむし歯の治療方法を決めるためのむし歯の進行度のお話をします。

    C1(初期のむし歯)

    ほとんどの場合、自覚がありません。白濁や着色に紛れていることもあります。この時に治療すれば痛みもなく簡単に終わります。

    C2(症状が時々出るむし歯)

    時々冷たいものが滲みるようになってきます。この時点で治療をすることによって、神経を取るまでは必要なきくなることが多いです。

    C3(激しく痛むようになるむし歯)

    冷たいものだけでなく、温かいものでも滲みるようになります。また、激しく痛む事もあります。ここまで進んでしまうと神経のしょちが必要になってきます。神経がなくなると、歯が黒くなったり、脆くなったり、結果的に歯の寿命を短くしてしまいます。

    C4(保存不可能な状態のむし歯)

    腐った根だけが残り、炎症もひどくなり、口臭も気になってきます。神経の治療ができる場合もありますが、多くの場合はを抜かなければなりません。

 

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

pagetop