スタッフアルバム

むし歯予防にオススメ!

高濃度フッ素配合の歯磨き粉を使って、毎日の歯磨きでむし歯予防をしましょう!
知覚過敏の方には、チェックアップルートケアがお勧めです。

お口の健康と新型コロナ

お口の健康が全身の健康に影響を与えることがわかってきています。
特に歯周病原細菌の口腔の感染によって、
・アルツハイマー・糖尿病・動脈硬化症・脳血管疾患
など全身疾患の発症が促進されます。
またお口の衛生を守る事によって呼吸器疾患のリスクを減らすことができるのです。
呼吸器疾患にはインフルエンザ、慢性閉塞性肺疾患、今最も注目されている新型コロナなどがあります。
お口の中は病原体の貯蔵場所になっているため毎日の歯磨きで予防、重篤化のリスク減らして行きましょう。
そのために歯ブラシ以外にも
・フロス・歯間ブラシ・舌ブラシ・洗口剤・定期的な歯科でのお掃除
をお勧めします‼︎

生活習慣病

生活習慣に着目した疾病概念として、「生活習慣病」という名前を用い、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義することが適切であると提唱されました。
「生活習慣病」については、生活習慣と歯周病を含んだ疾病との関連が明らかになっているものを示すことができます。
歯周治療は単に口腔の健康を維持するだけでなく、生活習慣病などの全身疾患を予防することの期待が高まっています。健全な口腔機能を生涯にわたり維持するためにも、歯周病を予防し、歯周治療を積極的に行う必要がありので歯のクリーニングがとても大切です。

GUMのお口とのど殺菌!!

コロナ対策で皆さん手洗いうがいはもう習慣になっているかと思います。
心配になると他に何か対策できるものはないかと感じられるのではないでしょうか。

コロナだけでなく、今はインフルエンザも流行っていますので乾燥する季節、喉のケアはとても大切です。
加湿器も大切ですが直接喉や口の中の菌を殺菌するスプレーがあります。
Gumのガム・お口/のど殺菌スプレーです。
原因菌を殺菌、消毒をしてくれ歯周病、むし歯、口臭、喉の痛みなどに効果があるそうです。
喉の荒れ、痛み、腫れに効果があり、今の季節にピッタリかと思います。
サイズも15mlと鞄やポーチにも入るサイズで出先でも気軽にシュッと使えるものになっています。

金額は¥970

フッ化物配合歯磨剤の効果的な使い方

フッ化物配合歯磨剤の効果的な使い方として8つがあげられてます。

①歯ブラシに年齢に応じた量の歯磨剤をつける(写真)

②磨く前に歯磨剤を歯面全体に広げる。

③2〜3分歯磨剤による泡立ちを保つような歯磨きをする。

④歯磨剤を吐き出す。

⑤10〜15mlの水を口に含む。

⑥5秒間程度ブクブクうがいをする。

⑦洗口は1回のみとし、吐き出した後はうがいをしない。

⑧その後1〜2時間程度は飲食をしないことが望ましい。さらにフッ化物配合歯磨剤を用いたブラッシング回数は、1日2〜3回と頻度が高いことが望ましい。

皆様もよかったら試してみてください。

神経の治療について

今回は歯の治療の中で神経の治療についてお話ししたいと思います。

まず神経の治療が必要な時としては虫歯が大きい時、歯が大きく割れてしまった時、症状(痛い、滲みる)が強い時、被せ物をする為に大きく削る時などがあります。

歯の治療は中々その最中は見ることができず、不安になることが多いと思います。特にこの神経の治療は終わった後も外からではよくわからないのでどんな事を、どんな手順で行なっているか説明していきます。

注意して頂きたいのは神経の治療の中断は避けていただく方が良いかと思います。もちろん他の治療でも中断は良くありませんが神経の治療中は削っている量が多いので歯が割れやすくまた仮の蓋が外れた状態だとバイ菌が根の中に入ってしまい抜かないといけない可能性が高くなってしまいます。せっかく残す為の治療が歯を無くすのを早める事になってしまうからです。どうしても連続して通えない時は予め先生と相談した方が良いでしょう。

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

pagetop