ブログ・最新情報

    2020年度のニュース

  • 爪の内出血・・・

    爪を以前はさんで内出血ができました。なかなか爪って新しく上がってくるのが遅いですね。

    自分で歯の材料を上塗りしてみました・・・

  • 朝ドラ・エール・・・

    NHKの朝ドラの「エール」を毎日楽しみに見ています。

    戦後と今のコロナ禍・・・よく似てるんですよ・・・

    毎日元気をもらっています・・・

  • 寒さと歯の痛み

    こんにちは!先週からグッと冷え込みましたね…今回は寒くなると歯が痛くなることについて紹介していきます(^^)

    1つの可能性として無意識の歯の食いしばりがあげられます。。そうすると、

    ・歯が削れてしまったり ・詰め物や被せ物が壊れてしまう ひどい場合だと・歯が折れてしまうこともあります。また、・知覚過敏 や・顎関節症 になることも可能性としてあります。ですが、あくまでも可能性の1例です。

    食いしばり以外にも冷気が虫歯にしみて痛みが出ていることもあるので、気になる方は1度 ご相談下さい(^^)

  • 寒くなってきましたね・・・

    こないだまで暑かったのに、いきなり寒くなってきましたね・・・皆さん、体調管理に気をつけましょう・・・

  • ペットボトルのキャップを・・・

    ペットボトルのキャップを集めて寄付しています。

    焼却処分すると発生するCO2を減らし、世界の子供にワクチンを配給します。

    今では 累計47,771個の寄付を行っています・・・

  • コロナと口腔ケア

     

    口の中の細菌の数を増やさないようにコントロールするには、いったいどうしたらよいでしょうか。
    それにはまず、一人一人のホームケアがとても有効です。丁寧な歯みがきはもちろん、舌苔除去(舌磨き)、歯周ポケットや歯肉溝をフロスなどでしっかりと清掃すること、さらに義歯もきれいに清掃することなど、基本的なケアの積み重ねがきわめて大事になります。また、ブラッシング時にデンタルリンスなどを併用することも効果的です。
    そして歯科医院で、徹底した口腔ケアも必要であると思います。口の中の状態をしっかりとチェックし、行き届いていないところをケアすることができます。
    こうしたケアを徹底することでウイルス性疾患を重症化させないように備えておきましょう。
    ウイルスに感染し肺炎を引き起こしてしまった場合、緊急時に人工呼吸器が装着される事態も起こりえます。そのとき、口の中の細菌の数が多いと 細菌が増殖して肺の中に入ってしまい、肺炎が重症化するリスクが高まります。そのためにも、口の中の衛生状態をきれいに保っておくことはとても大切なのです。

 

ブログ担当紹介

  • 院長 小亀辰夫
  • こがめ歯科スタッフ

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

pagetop